耐圧盤基礎とは?

新工法である耐圧盤の基礎とは、家を支える部分を地面に厚さ20cmほどの鉄筋コンクリートの盤を造り、その上に家を建てる工法です。

わかりやすく言うと強固なコンクリートの板の上に家を建てるようなもので、こうすると、地盤に凸凹が発生してもコンクリートの板(耐圧盤)がしっかりしているので建物には影響が出にくくなります。地盤の一部が沈下しても耐圧盤全体で家を支えているから家が歪みにくいので地盤のしっかりした土地でなくとも頑丈な家を建てることができます。

従来の帯状の基礎だと地盤が変化するにつれて家が傾いてしまう恐れがあるものでしたが、この耐圧盤基礎の工法で作られた家にはそのような心配はありません。

非常に高い耐震強度を持つことができ、地震にも耐えうることができます。

また、土を遮断し、家を守るので湿気だけでなくシロアリ、ネズミといった被害も防ぐことができます。

湿気は日本の建物を長期間もたせることができなかった最大の理由でもあるため、耐圧盤基礎は耐震だけでなく気候からも家を十分に守ることができます。